訪問マッサージ・在宅医療マッサージ あいのわ治療院  
  トップページ訪問マッサージとは料金案内ケアマネージャー様・ご家族様お申し込みの流れ・よくある質問お問合せ・申し込み  
  医療マッサージを通じて皆様に笑顔を届けたい  
  申し込みはこちら  
 

訪問マッサージ あいのわ治療院 TOP うつ自律神経失調

 
 

無料体験はこちら

トップページ

訪問マッサージとは

料金案内

ケアマネージャー様・ご家族様

お申し込みの流れ・よくある質問

うつ自律神経失調

お客様の声

オフィスマッサージ

オフィスマッサージ チラシ

不眠解消ヨガ

事業内容

お問合せ・申し込み

あいのわ治療院ブログ

川崎市のマッサージ あいのわ治療院

なかなか人には理解されない、病院や薬でも治らない、、

うつ病 ・自律神経失調症・パニック障害・めまい・不眠症のかたに!


首・背中をゆらゆらと揺らすだけのゆらゆらマッサージ!

パソコンやスマホで前かがみになり、首・背骨を圧迫してしまうと、脳からの神経伝達(幸せホルモン)が正常に伝わらず、慢性的腰痛・肩こり・頭痛・膝痛・自律神経の乱れ等、身体に様々な不調が起こります。

この脳の神経伝達を妨害しているのが、脊柱(首・背骨)の可動性の減少です。

首・背骨をゆらすことにより、背骨と背骨の間にすき間をつくり、上部頸椎(頸椎2番)のゆがみを治すと神経伝達(幸せホルモン・セロトニン)が良なり、人間の身体が本来持っている自然治癒力にて回復していくことが出来るのです。

結果的に、全身の筋肉がゆるんだり、内臓の機能が活性化されます。

人によって症状には違いがあります。1回目や2回目の施術で変化を感じられる方も多くいらっしゃいます。「ゆがみ」を取り除くのに時間がかかる方もいらっしゃいます。

お試しに「無料体験」いただいてから、進めさせていいただきたいと思います。身体のゆがみが少なくなってくると楽に動けるようになってきます。

毎日の生活や仕事が充実してきます!

ページ上に戻る

在宅ゆらゆらマッサージ 料金表

ページ上に戻る

セロトニンについて

セロトニンは、ストレスに対して効能のある脳内物質です。

セロトニンは、精神の安定や安心感や平常心、自律神経の調整に関わっており、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。 

特に、ストレスに対して効能があり、自らの体内で自然に生成されれるもので、精神安定剤とよく似た分子構造をしています。

セロトニンが分泌されていると幸福感や満足感、心地よさを感じることが出来ます。(幸せホルモンとも呼ばれる)

1. 脳の覚醒

2. 心の安定 (ストレスコントロール)

3. 自律神経の調整

4. 痛みの抑制


  •  セロトニンは腸でつくられ、背骨・首を通り、脳へ行きます。
  • スマホやパソコンで前かがみになり、首を圧迫することで、自律神経のはたらきが乱れ、脳へセロトニンが届かず・副交感神経を働けないようにしているのです。

  • 腸のはたらきは自律神経によってコントロールされており、忙しくストレスの多い現代社会では、自律神経のはたらきが乱れやすくなっています。

  • また、脳内でセロトニンが不足すると、抑うつとなることが知られていますが、うつの方の多くが睡眠障害も抱えています。これは原料となるセロトニンの量が少ないために、メラトニンの合成も低下してしまうことが原因と考えられます。

  •  食事もセロトニンの分泌に大きく影響しています。
  • その栄養素はトリプトファンという必須アミノ酸の一種です。人間の体内では生成できないため、食事から摂る必要があります。

  • ■トリプトファンが含まれる食品
    ・カツオ・マグロ、牛乳・チーズなど乳製品、納豆・豆腐など大豆製品、ナッツ類・バナナ・ニンニク、牛レバー、鶏肉、白米(炭水化物)。

  • ■セロトニン生成促進する食品
    ・ビタミンB6、マグネシウム、ナイアシンを含む食品も

  •  睡眠にも良い!セロトニンを増やすと睡眠ホルモン・メラトニンも増加
  • 睡眠バランスには、2つの物質が関わっています。それは、セロトニン(昼間に活動する精神を落ち着かせる物質)とメラトニン(眠気を誘うホルモン)です。

  • セラトニンは、メラトニンを作る材料になるので、昼間、十分にセロトニンが豊富に生成され、夜メラトニンが作られるというサイクルになります。

  • 眠気を誘うメラトニンを夜に十分に分泌されることが、心地よい睡眠にはかかせません。

  • メラトニンは明るいと分泌されないので、夜は部屋を暗くすることを最優先に。

  •  1日のリズム
  • 朝:トリプトファン(アミノ酸)を食べる

  • 昼:セロトニン生成 (幸せホルモン・自立神経調整・精神安定)

  • 夜:メラトニン生成 (良質の睡眠・眠気を誘うホルモン)


  • 1.起床:朝日を浴びます。
    体内時計からの信号で、メラトニンの分泌が止まります。

  • 2.朝食をしっかりとる。
    ・トリプトファン(アミノ酸)を食べる。

  • 3.午後には,15分ほどの昼寝。
    ・セロトニン生成中

  • 4.夕食は就寝の3時間前までに!

  • 5.7時以降は蛍光灯(白色)は避け、暖色系(オレンジ色)の光の下で生活しましょう。
    → 夜暗くなると分泌されるメラトニンにより良質の睡眠

  • 6.10時前に入浴。
    ・カフェイン・深酒・スマホ・パソコンは避けましょう!

ページ上に戻る

川崎市のマッサージ あいのわ治療院へのお問合せ

川崎市で在宅ゆらゆらマッサージのことなら、あいのわ治療院までお気軽にご相談、お問合せください。

お問合せ・メールフォームはこちら

このページ上部に戻る

 
 

川崎市の訪問マッサージ「あいのわ治療院」

あいのわ治療院 TOP  訪問マッサージとは  料金案内

ケアマネージャー様・ご家族様  流れ・Q&A  うつ自律神経失調

お客様の声  オフィスマッサージ  不眠解消ヨガ

事業内容  お問合せ・申し込み・求人案内

あいのわ治療院
(みんなの笑顔治療院グループ・全国358店舗)

訪問エリア
川崎市内・横浜市内・国立市・世田谷区近郊

◆川崎区院:川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル4階
◆宮前区院:宮前区馬絹1240
◆多摩区院:多摩区枡形5-18
◆高津区院:高津区二子4-1
◆中原区院:上小田中2丁目20
◆東京西院:国立市西3-1

TEL.044-982-0499 FAX.044-948-7962
【お問合せフォーム】

Copyright 訪問マッサージあいのわ治療院. All rights reserved.